Copyright © IDMobile All Rights Reserved.

​​プライバシーポリシー

  • Black Pinterest Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Instagram Icon

​コンテナ建築にまつわる都市伝説 Q&A

コンテナ建築は、海外では多数の建築事例がありますが、「実際のところ」どうなのかと疑問や不安をお持ちの方が少なくないと思います。良くも悪くもコンテナに対するイメージから様々な噂話が横行していますので、その噂が本当なのかどうなのか、コンテナハウスのメリット・デメリットを含めて「実際のところ」をご説明致します。

01/

Container建築物は丈夫?

​強度は?

非常に丈夫です。輸送用のContainerと同等の強固な耐久性と耐震性を持っています。

03/

Container建築物は安い?

居住性を考慮した建築用Containerを使っているため、価格は、「木造建築と同じくらいで、重量鉄骨構造の建築より安い」くらいが目安となります。価格が安くなるとすれば上記②の短納期によるところが大きいです。

05/

Container建築物は

暑い?熱い?

鉄板なので輸送用のContainerは表面は熱いですし、庫内はとても暑いですが、建築用Containerは居住性を考慮した対策をしっかりとご提案致します。

07/

Container建築物はどこでも施工できる?

コンテナトラックで現場まで運びますのでコンテナトラックが通れない現場には施工できない場合があります。

02/

Container建築物は

短納期?

基本部分を工場で造るため、建築現場での納期は一般的に短納期になります。

04/

Container建築物は

錆びる?

素材が鉄なので何もしなければ錆びます。建築用Containerとして錆防止がされていますが、完成後にも定期的なメンテナンスが必要になります。

06/

Container建築物の天井は低い?

一般のマンションくらいの天井高はあります。低いと感じるなら個人差によるところが大きいと思われます。

他にご質問のある方は
お問合せフォームより
​ご連絡下さい
他にご質問のある方は
お問合せフォームより
​ご連絡下さい